インプラント治療をはじめる前に

インプラント治療をはじめる前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうかしる必要があります。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないりゆうではないため歯科医とよく話し合うことを心掛けましょう。インプラント治療のしゅうりょうは義歯が問題なく使えるようになっ立ときですが、その後も定期的なメンテナンスをうけなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目さしてください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くして下さい。今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大切で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗してすさまじく深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので多彩な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見とおし、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。